効果を引き出すためのフィンジアの仕組み

スカルプケア用品として高い人気を誇るフィンジアですが、独自のゲートアクセル理論によって効果を高めることに成功しています。

そのゲートアクセス理論に活用しているのがカプサイシンであり、唐辛子に多く含まれる辛味成分の一種を使って有効成分の浸透力を高めようとする試みです。

カプサイシンの働きにより汗をふき出させるために毛穴が広がり、その結果有効成分を頭皮の奥深い部分まで届けることができます。

この仕組みによって届けられるのは、キャピキシルやピディオキシジルといった優秀な育毛成分です。理論的には育毛に効く成分がたっぷりと含まれているのになかなか効果が出ないという場合には、浸透率に問題を抱えているケースがほとんどです。

フィンジアはその点に目をつけて、浸透率を高めるための工夫をしていますので、高濃度で配合された有効成分が働きやすい環境を作れるようになっています。

カプサイシンは髪の毛の成長を促す物質を増加させるカルシトニン遺伝子関連ペプチドを放出させることが分かっており、カルシトニン遺伝子関連ペプチドを増やす働きを持つイソフラボンと一緒に取り入れると育毛効果が期待できます。

これはIGF-1育毛理論と呼ばれるものであり、フィンジアにはイソフラボンを主要成分とするヒオウギエキスも配合されていますので、IGF-1理論の効果も期待できるのがすごいところです。

ヒオウギエキスは非常に優秀で、単体でも薄毛の原因の5αリダクターゼを低下させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です