フィンジアで注目すべき3つの成分

化粧品の分類でありながらもスカルプケア用品として優れた効能を持つといわれているのがフィンジアであり、注目したい成分が主に3つあります。

ミノキシジルの3倍もの育毛効果があると話題になっているのはキャピキシルであり、配合することにより脱毛を抑えつつ育毛環境を改善できるといわれている成分です。

フィンジアにはキャピキシルが5%含まれていて、この成分自体は天然由来ですので頭皮に負担をかけずにケアを行えます。ピディオキシジルはみのミノキシジルによく似た構造を持つ成分であり、頭皮を健やかにする際に役立ちます。

日本では育毛剤でミノキシジルを含んでいる商品がありますが、ミノキシジルは世界ではじめて発毛効果があると認められた育毛成分です。

毛細血管を拡張して血行を良くしたり、毛母細胞の活性化を図って発毛効果を促しますので、ピディオキシジルにもこれらの作用を見込むことができます。

ミノキシジルの欠点をあげるならば浸透率の低さが懸念される点ですが、ピディオキシジルはそれを改善しています。もう一つ忘れてはならないのがカプサイシンです。

フィンジアは独自のゲートアクセス理論でカプサイシンを配合しており、育毛剤の浸透率を高めるための仕組みを取り入れているのが大きな特徴です。

カプサイシンを含むことで有効成分を頭皮の奥深くまで浸透させることができ、知覚神経を刺激して毛母細胞を活性化させたり細胞の老化を防ぐことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です