手相ますかけ線を持つ人の特徴

「手相」という言葉を誰でも一度は耳にした事があるかと思います。

自分自身の手のひらを見てみるといくつかの線が刻まれています。この線は一人一人皆違っていて手相占いとはこの手のひらの線の状態を見て、占っていく事をいいます。個人差がありますが手のひらには目立つ線が3~4本程あります。小指の下から中指に向かって伸びる感情線、親指と人差し指の間位から手のひらの中央を横切る頭脳線、親指と人差し指の間から下に向かって大きく円を描いている生命線が基本3線と呼ばれている線です。その中で非常に珍しい手相を持つ人がいます。

先程述べた基本3線の感情線と頭脳線が1本の線で繋がっているのです。この線の事を「ますかけ線」と言って非常に強い運勢を持つと言われています。では、ますかけ線を持つ人はどのような運勢を持っているのでしょうか。ますかけ線を持つ人は強運なのは勿論ですが、素晴らしい才能と集中力を併せ持っているので仕事で大成功を収める事が出来ます。

まさに「天下取りの相」なのです。芸能人で成功している人はこの手相を持つ人が多いです。ますかけ線は通常片手に現れることが多く、両手に現れる事は非常に稀な事なのですが両手に現れている人もいます。片手でも波乱万丈で大強運の手相なのにそれが両手にあるのですから、平凡な人生を歩む事はないでしょう。折角の大強運を活かす為にも自分の目標をしっかり見据えて、適した仕事を見つける事が成功のカギと言えそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *