あるだけで強運と言われる手相のますかけ線って?

占いの中でも手相って身近に運勢を見られるものなのでこまめに見ているという方も多いと思いますが、そのなかでもますかけ線という線をご存じでしょうか。

ますかけ線とはある人とない人がいる線で、あるだけで強運の持ち主と言われています。ますかけ線は知能線と感情線がひとつになった線で、まっすぐと手のひらをよぎっている線のことをいいます。

あるだけでも強運ですが、どのように流れているかでもその意味合いが変わってくるのも特徴のひとつです。ますかけ線は通常感情線と知能線が一つになったものですが、それとは別に感情線があるという方は何事にも粘り強く、強い精神力をもつ人物だと言われています。

仕事や家庭に愛情を注ぐことが出来る人でもあり、何かに失敗してしまったとしても成功するまで粘り強く努力することが出来るので、大器晩成型とも言えます。しかし粘り強さが災いして、人から嫌がられるという事も多いので、その点には注意が必要です。手相の中でもあるだけで強運と言われているますかけ線が片手にとどまらず両手に表れているという方は、さらにかなりの強運に恵まれていると言われています。つかんだ運を話さない線であり、金運はもちろん、成功運もつかみやすいと言われているので、仕事などで成功する可能性が高いです。宝くじやギャンブルの運も強いので、両手に表れているという方は挑戦してみることをおすすめします。両手に表れるという人は本当にごくまれなので、ある方はその手相を大切に出来るよう自分でも跡をつけたりするのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *