手相でよく聞くますかけ線とは

手相におけるますかけ線は、感情線と知能線がつながってまっすぐ手のひらを横切っているものです。

ますかけ線は掴んだ運は離さずに、とても縁起が良い手相と言われています。歴史的に有名な偉人もこの手相があったと言われています。そのためか天下取りの手相とも言われ、ますかけ線がえる人はリーダー的な存在になる人が多いようです。ますかけ線は強運に恵まれるだけでなく、人が思い付かないようなアイデアで大成功をおさめたりしたます。

ただし大成功をおさめる前にどん底を味わったり、人生の浮き沈みも大きいです。性格的は頑固でこだわりが強く、環境によっては能力をうまく引き出せないこともあります。そんなますかけ線ですがいくつかパターンがあります。

他の線との組み合わせによっても意味が変わってきたりします。まずは感情線が別に表れている場合です。この場合は我慢強く強い精神力があります。逆境で能力が発揮され愛情にも厚いです。他には知能線が別にある場合です。誠実で真面目な性格と強い責任感がある人です。発想力や創造力も豊かで、クリエイティブな分野で才能が発揮できたりします。感情のコントロールも上手なので、成功を掴む可能性も高いです。線が鎖状になっているパターンもあります。おとなしいと思われがちなタイプですが、何か決断するときには大胆だったりします。繊細な部分もあり、芸術的な分野で成功しやすいです。感情の起伏も激しいので、人間関係では苦労をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *