強運の持ち主の手相ますかけ線

ますかけ線とは、天下取りの手相と言われていてあの徳川家康や豊臣秀吉にもあった手相だと言われています。

ますかけ線は感情線と頭脳線が水平に真っすぐ一直線になっている手相の事です。この手相は大変貴重な線でとても珍しくて持っている方は、強運でリーダーシップに溢れているので経営者の方や歴史的な偉人の方たちにとても多いです。性格は少し頑固な面をもっており、恋愛に関してはとても一途なのですが常にお仕事に生きる方なので自身のお仕事が落ち着いてから結婚されるタイプの方が多いでしょう。お仕事を成功させてから結婚しないと後悔してしまうこともあります。天性の才能やかなりの強運の持ち主でカリスマ性もありますが、自分自身の魅力を最大限に発揮できる環境にいないと、平凡な人生を歩むことになってしまいます。

ですので自分が自分らしくいられて持ち前のリーダーシップで人を引っ張っていく環境に身を置くことが好ましいです。金運もとてもいいです。ただ気前が良くて面倒見もいいので割とお金遣いが荒いかもしれませんが、またすぐに大金が入ってくる金運を持っているので大丈夫だと思います。

大器晩成型ですのでお若いときは苦労されて努力を惜しまない方が多いです。ますかけ線を持っているだけでもすごいのに両手に持っている方もかなり低い1000人に1人の確立でおられます。両手にあると強運や才能も2倍になっているのですごいですね。ますかけ線をお持ちの方は経営者や芸能人、クリエイティブなお仕事に向いているのでぜひ生まれ持った天下取りの強運を最大限に発揮されてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *