Skip to content

安い中古車には理由がある

安い中古車には理由があります。たとえば、見た目はきれいでも、コンディションに問題がある場合です。長距離を走りすぎてサスペンションが寿命となり乗り心地が非常に悪かったり、エンジンがスムーズに回らずノッキングをばかり起こしたり、修復歴があり後から大きなトラブルが発生する可能性が高いなど、様々な問題を抱えているために安く売らざるを得ないわけです。このような中古車にうかつに手を出してしまうと、後からかえって修理代が高くつくことになります。

しかし、どこにも特に問題がないにも関わらず、安いという場合もあります。クルマに問題がないのに安いという場合は、そのクルマに人気がない場合が多いです。人気がないクルマの場合、高い価格を設定すれば誰も買いたいとは思わないことでしょう。しかし、人気がないクルマでも、価格を安くすれば、その安さに惹かれて買いたいという人が出てくるものです。

中古車の相場を定期的にチェックしていると、急激に安くなるタイミングもあります。たとえば、そのクルマに新型車が登場すると、中古車が安くなることが多いです。消費者の目は新型のほうに向けられ、旧型は魅力が大きく下がってしまうのです。実際、新旧を乗り比べてみると、その差は歴然としています。

しかし、本人が我慢できる範囲であれば、より安く購入できるというのは魅力的なことです。その中古車の価値に対する判断は、消費者にゆだねられているということです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です