Skip to content

リースする福祉車両の選び方について

福祉車両は福祉事業者を主として、高齢者や足が不自由な人などを施設や自宅に送迎する専用の車両です。さまざまな介護施設があるなかで、そこで利用される車両を取得する方法も増えてきました。その方法のひとつとしてカーリースがあり、ただ借りるだけでなくプランによっては福祉車両のメンテナンスや状態維持をすべて契約した会社が行うものもあるため、カーリースを利用する福祉事業者は増加傾向にあります。リース可能な福祉車両はそれぞれの会社によって異なりますが、車両を選ぶうえでいくつか気をつけるべきことがあります。

まず現物を見るにあたって、スロープやリフト機能の操作の仕方や、車高、車幅など施設に駐車できるサイズかどうかをチェックする必要があります。リースの料金は車種によっても異なってきますが、安価の場合は乗せる人の数が限定されていたり、一方で高価だから全てがこなせるということでもありません。また、実際に車椅子を試しに乗せてみることが大切です。車椅子を載せたときの配置のしかたなどを検討し、実際に運用するうえで支障がないかどうかを確かめる必要があります。

また、福祉用として改装された車両でも、それぞれ用途によって内装が違うという点も注意すべきところです。デイケア施設向けや老人ホーム向けから病院などで使用する車両など、それぞれ利用する施設によって内装が異なります。車種も軽自動車からミニバンまで多く揃っている会社が多いため、施設利用者の数などをあらかじめ把握しておくことが大切になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です