Skip to content

福祉車両もリース出来ます

以前は、福祉車両というと特別仕様で、使っているは介護や福祉系の事業所くらいでした。このため販売されている台数もとても少なかったのですが最近では、大きな販売店では展示もされていたりとかなり普及してきました。それと同時に可能になってきたのがリースという選択肢です。福祉車両には杖や屋外のみ車椅子が必要な方が乗り降りしやすいように座席の向きが変わって昇降するタイプのものから車椅子ごと乗れるように車椅子用のリフトと、車椅子固定用のベルトが付いているものまで介護の必要度において様々な種類があります。

特に、個人で福祉車両の利用を考えた時、介護が必要な家族の状態は日々変わっていくので、購入するよりも数年ごとに検討し直すことができるリースの利用がとても便利です。また、一般的になってきたとはいえ、やはり一般車両に比べて割高なこともあり、介護事業者にとってもリースの利用は初期投資を抑えられるため経営の面でも利点があると考えられます。そしてもう一つ、福祉車両の場合、車両のメンテナンスだけでなく、リフトや固定器具のメンテナンスも安全に使用する上で欠かすことが出来ません。自分で購入した場合、メンテナンスの面で問題が出てくるのですが、リースの場合取り扱い店のサポートが受けられるのが安心です。

以上のことから、車を福祉車両にしたいと考えた時に、購入の他にリースするという選択肢を加えることでより、目的に合わせたカーライフを送ることが出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です