Skip to content

福祉車両をリースを利用するメリットとは

福祉車両は高齢者や要介護者の移動にとっては必要不可欠なものとなっています。自分で思うように体が動かせない高齢者や要介護者にとって、車での移動の為に他人の介助を得て乗り降りすることは精神的に大きな負担となることが多く、多くの場合には外出を控えるような傾向にあります。また介助を行う家族にとっても大きな負担となるため、家族全員が外出を控えてしまうといった事にも成りかねません。そのような場合に福祉車両が有れば高齢者や要介護者の乗車が非常に楽になり、本人や家族の負担も少なくなるので外出が増え、家庭の雰囲気も非常に明るくなります。

しかし福祉車両はその構造上非常に価格が高く、一般家庭ではなかなか購入できるものではありません。そこで、最近ではリースによる導入を行う家庭が増えています。この方法を利用することで自分でローンを組んで購入する場合に比べ安価な価格で入手することができ、リース契約期間の終了後は車両を返還するもしくはそのまま買い取るなどの選択肢から選ぶこともできます。一般的に高齢者や要介護者は年を経るにつれ必要な介護内容が変わってくるものなので、福祉車両の機能も変化するため、リース契約であればそれに合わせて車両を交換することも可能になります。

福祉車両はこれまで自分で購入することはなかなか難しく、一般家庭で高齢者や要介護者がいる場合にはその移動は非常に困難なものでしたが、リースを上手に利用することで楽に安価に高齢者や要介護者の移動手段を手に入れることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です