Skip to content

福祉車両のリースと見積の内容

一般的な車両と同様に、車いすの人であっても容易にドライブすることができたり、あるいは障害のある人、介護が必要なお年寄りを乗せて運転をする場合に便利な福祉車両についても、カーリースをすることは可能です。この場合、まずはカーリース会社の審査を受けて、カーリースが可能な信用力をもっている主体であることを確認してもらった上でとなりますが、その前に、該当する種類の福祉車両のリース料金が毎月どの程度かかるのかを見積りしてもらうことになります。見積書の内容ですが、車両本体の代金や、各種の手数料などの諸費用にくわえて、車検や定期的なメンテナンスに必要な費用、自賠責保険の保険料、自動車税や自動車重量税といった公租公課が含まれているはずです。車検やメンテナンスの費用については、料金にすべて含まれている場合と、まったく含まれていない場合とがあり、当然ですが、これによって料金の総額もおおきくかわってきます。

この費用が含まれていない場合には、メンテナンスの必要が生じた場合に、使用者が自己負担をもって対応することになりますので、どちらがよいかは費用とサービスをてんびんにかけた上で選択することになります。また、自動車税や自動車重量税といった公租公課の部分は、身体障害者が利用するような改造車である福祉車両の場合には、減免が適用されることがありますので、確認をしたほうがよいでしょう。ただし、都道府県によって、条例による規定が異なるがゆえに、その金額などについてもこまかな違いが生じることがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です