Skip to content

福祉車両をリースするメリット

福祉車両をリースするメリットとして、まず、新車を導入する場合は、ある程度まとまったお金が必要となりますが、多額のまとまった資金は必要なく、月額の一定利用料金で利用することができます。また、福祉車両の種類も選ぶことができるため、自分のニーズにあったものを選択することができるということも大きなメリットです。車両の点検も、走行距離に応じて設定される点検サイクルに基づいて点検が行われるため、安心して車両を利用することができ、また、万が一の故障や事故の場合にも対応してもらうことができます。さらに、購入した場合には、車両維持、管理をする必要がありますが、リースした場合には、そういったものも業者に任せることができるため、負担を大幅に減らすことができます。

車両維持、管理の費用として挙げられる、車体価格、登録諸費用、取得税、自動車税、重量税、自賠責保険などの心配は要りません。福祉車両をリースして納車する際に、減免制度などがある場合があるため、料金が自治体によって異なる場合もあります。ただし、税優遇はステップが出るだけ、シートが回るだけという車の場合にはありません。ただし、身体障害者物品に指定されている車両のああ意には、消費税が非課税となります。

福祉車両をリースする場合には、お申し込み時には、会社案内や財務諸表、資金計画書等を提出して、その資料を基に審査が行われます。福祉車両を購入すると、月々のメンテナンスや税金などにお金がかかってしまいますが、リースの際には、そういった心配もないため安心して利用することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です